遊ぶ・観光

出没!アド街ック天国で紹介された『調布市深大寺』のお店・スポット情報まとめ

更新日:

出没!アド街ック天国で紹介された『調布市深大寺』のお店・スポット情報まとめ

2019年9月21日(土)の夜21時から放送の「出没!アド街ック天国」に調布市『深大寺』が登場!

調布市の中でも「深大寺そば」や、品種豊富なバラが楽しめる「都立神代植物公園」など有名な観光スポット。

番組に登場するのはなんと9年ぶりとのことなので、これは楽しみですね!

ここでは出没!アド街ック天国で紹介された『調布市深大寺』のお店・スポット情報をまとめていきます!

 

第20位『武蔵野の緑』

新宿から電車とバスを乗り継いでたった約30分で到着できる『深大寺』。

東京都内からすぐ小旅行気分が味わえると評判。晩年を深大寺で過ごした漫画家・水木しげるさんも、豊富な緑が最大の魅力と語っており、野川では昔と変わらぬ緑と清流を求めカワセミの姿も見られるとのこと。

第19位『そばスイーツ』

江戸から続くそばの街である深大寺では、そばの名店が軒を連ね、そばを使ったスイーツも数多く提供されています。

オススメの名店がこちら。

そばごちそう門前

店舗情報

  • 住所: 東京都調布市深大寺元町5-13-5
  • TEL: 042-487-1815
  • 皮にそば粉を混ぜ込んだ「そばまんじゅう」を提供。

一休庵

店舗情報

  • 住所: 東京都調布市深大寺元町5-11-2
  • TEL: 042-482-6773
  • 名物は創業以来愛されている「そば団子」。そばの実入りの団子は”みたらし”と”ごまだれ”の2種類。

湧水

店舗情報

  • 住所: 東京都調布市深大寺元町5-9-1
  • TEL: 042-498-1323
  • そば通も通う人気店。三層の羊羹がオリジナルのそばスイーツ。そば湯にそば粉を混ぜて固めた寒天で、あずきの羊羹をサンド。すっきりとした甘さが絶妙。

きよし

店舗情報

  • 住所: 東京都調布市深大寺元町5-12-2
  • TEL: 042-483-3329
  • コシが強い二八そばが名物だが、提供しているきなこと黒蜜がかかったそば団子は二八ではなく十割。

第18位『白金亭』

地元でも記念日などに使う洋食の人気店。

白川郷から築400年の古民家を移築した趣のある空間でいただけるランチコースでは、メインディッシュはお店の名物、国産牛100%の炭火焼きハンバーグ。そして、一番人気の辛口唐辛子ソースがビーフの旨味が引き立てる。

店舗情報

  • 住所: 東京都調布市深大寺東町4-16-1
  • TEL: 042-489-8844

第17位 『神代植物公園 植物多様性センター』

情報

  • 住所: 東京都調布市深大寺北町1-4-6
  • TEL: 042-485-1210

第16位 『ワンちゃんと参詣』

深大寺は全国でも数少ないペット歓迎のお寺。

お寺だけでなく街もペットを歓迎しており、門前のおそば屋さん約75%の店でペットを同伴が可能とのこと。

店舗情報

  • 深大寺動物霊園
  • 住所: 東京都調布市深大寺元町5-11-3
  • TEL: 0120-215-940
  • 昭和37年に全国に先駆けて作られた動物霊苑。お盆やお彼岸に慰霊大祭を開催。手厚い供養が愛犬家の心を捉えている。

第15位 『湯守の里』

武蔵野の自然を感じながら、地下1500mから湧き出る黒湯が楽しめる温泉施設。

人の体と塩分濃度がほぼ同じで体への負担が少なく全国的にも珍しい温泉。また、温泉のテイクアウトも可能。温泉成分を多く含み、浴槽に500ml入れるだけでよく温まるとのこと。

店舗情報

  • 住所: 東京都調布市深大寺元町2-12-2
  • TEL: 042-499-7777

第14位 『深大寺そばまつり』

毎年11月に行われる祭り。祭りの目玉は門前のそば店の店主たちがそばを打ち、「そば守観音」に献上して五穀豊穣を祈願する「そば献供式」です。

店舗情報

  • 元祖 嶋田家
  • 住所: 東京都調布市深大寺元町5-12-10
  • TEL: 042-482-3587
  • 幕末創業でこの界隈のそば店の最古参。青森県七戸産のそば粉で打ち、湧き水で引き締めた二八そばが名物。人気はアカザやヨモギ、タンポポなど、ほぼ全て深大寺周辺で採られた野草天セット。嶋田屋の店前に鎮座する一対の羅漢像はそばを食べる時の「いただきます」と「ごちそうさま」を表現する。

第13位 『あめや』

深大寺の山門すぐ横にある甘味などが並ぶ人気店。一番人気はそば粉を練りこんだ「そばパン」。

高菜、あんこ、切り干し大根、キーマカレーの4種類がある。深大寺らしいメニューが「そばサンド」。茹でたそばを大判焼き用の鉄板で表面がカリッカリになるまで焼き、そばつゆを塗って具材を挟む、食べ歩き出来るそばです。

イベント概要

  • 住所: 東京都調布市深大寺元町5-15-10
  • TEL: 042-485-2768

第12位 『会席の名店』

深大寺には会席の名店が多数あります、ここでは地元でも人気のこちらの2店をご紹介。

柏亭

店舗情報

  • 住所: 東京都調布市深大寺元町3-37-7
  • TEL: 042-485-1211
  • 完全予約制の日本料理店。精進料理をベースに、地元野菜をふんだんに使用した会席料理をいただける。締めは深大寺らしく手打ちそばをくつろぎの空間で楽しめる。

水神苑

店舗情報

  • 住所: 東京都調布市深大寺元町5-10-3
  • TEL: 042-486-0811
  • 店内から日本庭園を望める名店。グアバ茶を使ったすましやイチジクの天ぷらなど、日本料理と薬膳を融合させた一味違う会席料理が楽しめる。締めのそばも大根おろしや分葱、クコの実やクルミが入った薬膳仕立て。

第11位 『植木屋さん』

深大寺は都内有数の植木畑密集地帯。

その理由は、この辺りの武蔵野台地の黒土が樹木の育成に適していたからで、今回のエリアだけでも20軒以上が集まる。深大寺には約100年前に地元の植木屋さんたちが奉納した植木の文字の燭台が残るとのこと。

店舗情報

  • 住所: 東京都調布市深大寺元町4-37-2
  • TEL: 042-482-2117
  • 明治23年創業の植木屋さん。サッカーコートおよそ4面分の敷地で300種類、およそ1万本の植木を育てていて、その全てが売り物。中でもイチオシが樹齢400年のアイグロマツ、価格は3000万円。

第10位 『深大にぎわいの里』

この投稿をInstagramで見る

【今日のアンデス】

A.K Laboさん(@shoji_akane)がシェアした投稿 -

もともと集合住宅の1階と2階部分にあった「調布卸売センター」が名称を変え今も人々の生活を支えるとのこと。

店舗情報

  • 調布のやさい畑
  • 住所: 東京都調布市深大寺元町1-11-1
  • TEL: 042-444-0327
  • 地元農家が直売する朝どれ野菜が人気。近くに調布飛行場があり、伊豆諸島の朝どれ明日葉も届く

店舗情報

  • アンデス食品
  • 住所: 東京都調布市深大寺元町1-11-1
  • TEL: 042-483-2911
  • 場内一の人気店。国産和牛や味付け肉が美味しいと評判。その中でも盛り上がるのは毎週土曜日の試食サービス。国産和牛のステーキなどの高級肉も全て試食し放題。まさに出血覚悟の大サービス。

第9位 『都立農業高校 神代農場』

都立農業高校が所有する実習地。およそ2万5千平方メートルもの広大な敷地で生徒たちが農業実習をする。

わさびなどの農作物の栽培以外にニジマスの養殖なども。また、武蔵野の原風景が残るこの場所は月2回一般にも解放されており、研究者の方々も昆虫の生態調査やフィールドワークにやってくるとのこと。

第8位 『だるま市』

この街で一家に一つ必ずと言っていいほど置かれているのがダルマ。

深大寺では毎年3月に「だるま市」を開催され2日間で10万人が訪れる一大行事。購入すると、物事の始まりを表す梵字「あ」を左目に入れてもらい願掛けをする。願いが叶うと、右目に梵字の「うん」を入れてもらい、深大寺に奉納するのが習わしとのこと。

第7位 『湧水(わきみず)』

この深大寺エリアには確認されているだけで16箇所もの湧水地があります。

国分寺崖線と呼ばれる崖に囲まれた深大寺。地下水が通る礫層から良質の水が湧き出ている。深大寺の手水舎はもちろん、写経の際に墨を擦る水も湧水。10位の「深大にぎわいの里」にも無料の水汲み場があり、地元の方に大人気とのこと。

第6位 『元三大師堂』

深大寺周辺のお宅やお店には軒先や店内に「降魔札(ごうまふだ)」と呼ばれる魔除けのお札が貼られているのをよく見かける。

それを授かる場所であり、深大寺における厄除け信仰の中心がこちら。降魔札に描かれていたのは、比叡山延暦寺の高僧、元三大師が鬼となり、疫病神を追い払った時の姿だとのこと。

第5位 『水木しげる』

言わずとしれた調布に50年以上暮らし、愛する深大寺の街並みを多くの作品に描いてきたこの街の偉人。水木さんは「墓めぐり」が趣味だった。中でも深大寺の歴代住職の墓所がお気に入りだったとのこと。

店舗情報

  • 鬼太郎茶屋
  • 住所: 東京都調布市深大寺元町5-12-8
  • TEL: 042-482-4059
  • 水木ワールドを味わえるお店。様々な鬼太郎グッズを揃えている。一見ただの大福だが、目玉おやじを模した「目玉餅」が人気。さらに、妖怪づくしの喫茶コーナーでは、寒天の一反木綿がかわいい「一反もめんの茶屋サンデー」も。

第4位 『神代植物公園』

昭和36年に開園した都内最大規模を誇る植物公園。4800種・10万本の植物を栽培し、一年を通して様々な草花を楽しめる。

また、都内最大のバラ園では300種・5000株が色とりどりの花を咲かせる。さらに、世界中の1300種もの珍しい植物を展示している大温室も注目とのこと。

店舗情報

  • 住所: 東京都調布市深大寺元町5-31-10
  • TEL: 042-483-2300

第3位 『JAXA 調布航空宇宙センター』

日本の宇宙開発を担う重要施設。「スペース・ミッション・シミュレータ」はゲーム感覚で地球から宇宙ステーションを経由し、月に物資を届けるミッションを一般人も無料で体験出来る。

また、次世代航空機の研究・開発も行われているのが低騒音・低燃費の超音速旅客機。完成すれば、ロサンゼルスまでわずか5時間で行けるようになるとのこと。

店舗情報

  • 住所: 東京都調布市深大寺東町7-44-1
  • TEL: 050-3362-2600

第2位 『深大寺そば』

調布市でも言わずと知れた深大寺名物。この界隈に約20軒の個性豊かなお店と逸品が揃います。

その中でも人気の3店舗をご紹介。

玉乃屋

店舗情報

  • 玉乃屋
  • 住所: 東京都調布市深大寺元町5-11-3
  • TEL: 042-485-0303
  • 緑に囲まれたオープンテラスで蕎麦をいただけるお店。蕎麦は、全国の産地からその時の良いものを厳選。毎日、石臼で挽く、こだわり抜いた十割そばが人気。しかも、2種類の太さの蕎麦を選べる。

きよし

店舗情報

  • きよし
  • 住所: 東京都調布市深大寺元町5-12-2
  • TEL: 042-483-3329
  • 自家製の鴨ローストが別皿で供されるオリジナルの鴨せいろが人気。クセになる鴨の脂と喉越しのよい二八蕎麦にはこだわりが詰まっている

大師茶屋

店舗情報

  • 大師茶屋
  • 住所: 東京都調布市深大寺元町5-9-10
  • TEL: 042-482-5407
  • 昭和37年創業。季節限定そばが人気の店。晩夏の時期にいただけるのは「豆乳そば」。5種類のきのこを鴨脂で炒め、地元の豆腐屋さんの新鮮な豆乳とそば出汁をブレンドして作る一杯。きのこの風味と豆乳のクリーミィな味わいが織りなす極上のコンビネーション。

第1位 『浮岳山 昌楽院 深大寺』

店舗情報

  • 住所: 東京都調布市深大寺元町5−15−1
  • TEL: 042-486–5511

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-遊ぶ・観光
-,

Copyright© 調布ガイド , 2019 All Rights Reserved.